世界最大の奉仕団体


   世界中に46,000を超えるクラブがあり136万人が会員として登録しています。

ライオンズは世界中で活動しています。208を超える国と地域で地域奉仕に取り組む集まりです。

 ライオンズには、ダイナミックな歴史があります。1917 年に創設されたライオンズは、失明と闘う活動で最もよく知られています。それは私たちの歴史であり、現在の取り組みでもあります。しかし私たちはその他に も、多様な地域事業にボランティア活動を行っています。活動内容は環境保護、飢餓対策、高齢者や障害者の支援などです。

 

 

 

スローガン
Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)
※LIONSの一文字ずつを取り入れたもの。
モットー
We Serve(われわれは奉仕する)
ライオンズの誓い
「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」

 

地域奉仕事業

 ライオンズは積極的に活動します。ライオンズのモットーは「われわれは奉仕する」です。ライオンズは世界規模の奉仕ネットワークを持ち、地域社会のために必要なことには努力を惜しみません。

 ライオンズは、視力を提供します。視力スクリーニングの実施、病院や診療所の設備提供、医薬品配給、眼病教育などを行い、ライオンズはすべての人に視力を提供するという使命を果たすべく努力しています。地域における多数の事業と、失明撲滅を目指す国際的プログラム視力ファーストを通じ、ライオンズは視力保護に取り組みます。

 ライオンズは青少年を育成します。地域プロジェクトでは奨学金やリクリエーション、メンタリングによる地域の子どもたちや学校への支援を頻繁に行っています。平和ポスターコンテスト、ユースキャンプ、青少年交換、ライオンズクエストなど、国際的な青少年プログラムも多数行っています。また、レオ・プログラムは青少年のボランティアの機会を通じて個人の育成をはかります。現在世界140か国以上にある5,700のレオクラブで、およそ144,000人のレオ会員が活動をしています。

 ライオンズは交付金を承認します。1968年以来、ライオンズクラブ国際財団は7億ドル以上の資金を交付し、世界中のライオンズの人道的な地域奉仕事業を支援してきました。財団とライオンズは共に力を合わせ、自然災害の被災地に食糧、水、衣類、医療品などの緊急支援物資を提供しているほか、長期的な復興作業にも協力しています。